認定コース:服飾戦略スタイリスト認定

認定コース:服飾戦略スタイリスト認定(全6回実習4回)

「服飾戦略スタイリスト」として仕事が出来る
「服飾セミナーを開講できる」
同業他社との差別化で稼げるプロフェショナルになる
★AIFE協会HPに掲載される

服飾戦略スタイリスト認定コース(全6回/実習4回)

2期(東京 金曜クラス):2019年8月16日(金)・9月6日(金)
2期(大阪 金曜クラス):2019年8月23日(金)・9月13日(金)

※実習=しぎはらの同行・講演・セミナー・スタイリング1日同行(男女)

受講料20万円(税別)
認定料50,000 円(Diploma発行)

【Certification】について

一般社団法人 国際ファッションエデュケーション協会「略称:服育協会」が技術・能力承認の為に発行するライセンスです。
自らの技術を自信をもってお伝えできるという証明であり、日々の自己研鑽を重ねていくことを怠りませんという自分との約束でもあります。

学習内容

第1講:東京8月16日(金)10:30~17:00 / 大阪8月23日(金)10:30~17:00
ブランディングで自らを戦略的に作る

Ⅰ:顧客をブランディングするとは
  1. ブランディングの社会学
    個の時代におけるブランディングの役割
  2. アイコンとしての衣服
Ⅱ:ブランドの本質
  1. 美意識とファッション
  2. 服飾心理・内面と外的表現の心理
  3. 言語とデザイン・服飾言語 Ⅱ
Ⅲ:ブランディング法と衣服の整合性
  1. プロとしての自らをブランディングする
  2. 信頼される極意
  3. 口コミで顧客を獲得するとは
★課題(提出宿題)
  1. 過去のスタイリング事例の説明
    *顧客からのニーズ
    *プロとしての回答タイリング哲学

第2講:東京9月6日(金)10:30~17:00 / 大阪9月13日(金)10:30~17:00
自らのスタイリングサービスの確立

1:服飾戦略1(内面のブランディング策定)
  1. 顧客の内面を探る ヒアリングシートの作成
  2. 顧客心理に響くコンサルティングの極意
2:服飾戦略2(内面を視覚情報化する)
  1. 内面に合う衣服の選び方
  2. 芸能人・芸人のキャラクター作りと衣装
  3. ドラマ・映画に学ぶ・キャラクターと衣装
  4. 顧客満足の秘訣
3:ヒアリングシートのプレゼン   
  1. 内容に対するブレストと改善
4:スタイリングメニュープレゼン
  1. 内容に対するブレストとプレゼン

【Diploma】・【Certification】について

一般社団法人 国際ファッションエデュケーション協会「略称:服育協会」が技術・能力承認の為に発行するライセンスです。 【Diploma】や【Certification】は、自らの技術を自信をもってお伝えできるという証明であり、日々の自己研鑽を重ねていくことを怠りませんという自分との約束でもあります。

【衣に魂を込める】=ファッションと真摯に向き合い、衣装文化を育てていく
◆在り方→センスを売るのではなく顧客の理想の姿を叶えるために貢献する
◆専門性→問題解決のための知恵と経験・日々の学びで進化していく
◆収入力→顧客満足を提供できる仕事力のある者にだけ顧客が集まる

【服飾戦略スタイリスト 合格証書】合格認定証書ポリシー

★ 下記基準に準ずる方に認定証書を寄与します

Certificate Fashion Strategy Stylist

  1. 【服飾戦略スタイリスト】講座を3回受講し、専門知識と技術を習得した者に【服飾戦略スタイリスト】認定証書を与える。
  2. 認定証書の授与に関しては、以下の点に到達していることを目安とする。

 

  • 服飾戦略スタイリストとして活躍出来る知識と技術を有する
  • 顧客のスタイリングに関するコンサルティングができる
  • スタイリング要望を言語化し、視覚情報に落とし込むことができる。
  • 衣服のマナー、ドレスコードを知ったうえで、場に相応しいスタイリングができる
  • 販売員の能力を見極め、売り場の連携し、顧客が満足いく買い物動向ができる
  • 礼節をわきまえ、顧客に恥をかかせることのない振る舞いができる